スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
とう。

 【予知巫女トゥア】シリーズの。
 
 サリアの絵が描かれたので。

 ログ掲載も兼ねまして。

 http://csx.jp/%7Etrpg/log/log20060930e.htm

 ログは↑。 演説文は↓。
――  立ち上る朝日を背に。 
巫女は 堅く、 重く、 そして 
一抹の柔らかさを含んだ 声を出した。

「 よくぞ 集まったわ。 私の戦士達。 」

「 今日之より。 貴方達は 戦へと赴く。 」

「 ――だが。 私は諸君全員に生還を約束するものでは無い。 」

「 武運拙く 魔の爪に切り裂かれ。 
  踏み躙られ。 臓腑を抉られる運命もある。 」

「 ―― だが。 」

「 私は 一つの事を約束しよう。 何よりも重要な事を。 」

「 それは【勝利】だ。 
  【勝利】だ。 ――何をもって【勝利】としよう。」

「 貴方達の親、妻、夫、子、親類、友人。 大事な人達。 」

「 その人達が。 」 「 今日も。 」 

「 明日も。 」 「 明後日も。 」

「 一週間後も。 」 「 一ヶ月後も。 」 

「 一年後も。 」 「 十年後も。 」

「 当たり前の様に朝を迎え。 朝食を取り。 当たり前の日常に赴く。 」

「 貴方達は 貴方達の大事なモノの 
 【当たり前の日々】の為に戦いなさい。 」 「 死になさい。 」

「 そして その結果こそが社会の勝利。
  人類の勝利。 我等の勝利よ。 」

「 ―― 最後に。 私は ある 名将の言葉を引いて 誓う。 」

「 サリア・ティア・カーナは。 此度の戦に置いて。 」

「 誰よりも早く その戦場に 脚を踏み入れ。 」

「 誰よりも最後に その戦場から 去ろう。 」

「 ―― 貴方達全てを等しく愛してる。 
 アルカーナの祝福がありますように。 」

            笑った。 そして 息を吸う。 

 全軍 気ヲ付ケェ ッ ―――!         
      全軍 抜剣ンンン ッ ―――!   

-

「 アルカーナと 光の恩寵は 汝等の 下に ッ ! 」

「 Amen ――――! 」 【基 あれかし ッ!】
                           
ザァ  ―――! 天を突くは 無数の銀の群れ。 
銀のツルギ。 朝日に ぎらり、ぎらりと 剣呑に。 




そして どこか。 淡雪のようであった。
スポンサーサイト
【2006/11/16 02:41 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ネタがないので。 | ホーム | NPCシュラスの事。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yumedream.blog26.fc2.com/tb.php/87-3b65dcca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。