スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
それぞれの顛末【参】

 顛末の続き!

【サンテの場合】



 ―― それは追憶。

 
 
 ――― そこは 荒地。 荒地。
 でも 良く見ると そこかしこ 手を入れようとした痕跡がある。

 枯れた作物。 ひび割れた大地。

 転がり 虚ろに ひりつく天地を見る 人々。
 心がまず死に。 緩慢に身体が それに追いつく運命の群れ。

 
 でも。 あの人は諦めていなかった。


 「 サンテ。 行きましょう。
    御伽噺の様な話ですが。 中佐は本気の様です。  」

 私は。 どの様な返事をしたのだろう。
 きっと、 いつもみたいに。 

 人受けのする貌で、神官らしい 綺麗な言葉を並べたのだろう。

 
 
 私は。 本当は。


 大地が枯れ果てようと。 人が飢え死のうと。


 どうでも善かった。

 
 彼に笑って欲しくて。

 彼の傍に居たかっただけ。

 たった それだけだった。 それだけだったのに。


 なんで 彼は先に死んでしまうんだろう。 大莫迦。


 ――― そこは 黄金色。 実りの麦が波を作る。

 彼は これを見れない。 ざまあみろ。

 ――― 笑いさざめく 収穫祭の 音律。

 彼は これを聞けない。 ざまあみろ。

 
 先に死んじゃうから。 天国で悔しがってるといいんだ。
 私は。 貴方が何時までも 悔しがれるように。

 … この地を護っていくよ。
 
「 我が信望す 
  法と契約 焔の神よ。

   我 今此処に誓う。
   我 今此処に願う。 
 
  我は この地を 
  この先 一生。
  護り 育む事を。 

   誓います。  」
   


 アグラム神官 サンテ・ユース

 その後 イーヴノレル神殿と協力し。
 かの地の実りを 確かとすべく。
 一生を捧げる事を誓う。

 彼女は有事の際 何時も。
 不釣合いな大きさの 大剣を背負っていた。

 
スポンサーサイト
【2006/06/26 04:29 】 | TRPGそれこれ。 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<顛末の最後。 | ホーム | それぞれの顛末【弐】>>
コメント

そういえば 彼女はアグラム神官だったんですね・・ 今更気づく。
くそう かわいいなぁ・・!!(やっぱりツボ。

あまり積極的には絡めなかった感もあるけど、
ライグル脳に刻みましたよ 彼らの名前。

とても  とても素敵な旅でした。 
GM様参加者様各位に 感謝を!
【2006/06/26 20:05】| URL | 羽裏 #zDexSlbw[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yumedream.blog26.fc2.com/tb.php/64-96044f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。